News & Magazineニュース & CHIPIE マガジン

夏にピッタリな鮮やかブルーで彩る!気分がリフレッシュするリゾートメイク術

CHIPIE Magazine2016.05.29

main-visual002
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CHIPIEの「販売スタッフのおすすめメイク術」の第2回目は、スギザキ 赤羽アルカード店の販売スタッフ清水が、CHIPIEのアイテムを活用した「夏にピッタリな鮮やかなブルーで彩るリゾートメイク術」をお届けします。

もうすぐ夏本番ですね!夏休みや休日は、リゾートでのんびりと過ごして気分もリフレッシュしたいところ。今回は、夏色メイクの定番でもあるブルーを利かせた夏にピッタリな爽やかメイク術をご紹介します。

いつものアイシャドーを少しだけ変えて、色鮮やかなブルーのアイシャドーを主役にしたインパクトあるけど爽やかメイクをご紹介していきます。鮮やかなブルーの目元で爽やか大人女子に変身してみたい方におすすめのメイク術を教えます。

アイシャドー

アイシャドーには、「シピエ アイズグラッセ」の<BL-1>スカイ(800円)、<BL-2>オーシャン(800円)、<KH-1>バニラ(800円)の3つのアイテムを使います。

アイシャドウ

まずは<BL-1>で目元のくすみをとります。二重はばに<BL-2>を入れます。狭く、色みをしっかり入れるのがポイントです。目頭の下に<KH-1>で明るさをプラスさせることで、アイメイクは海と夏の日差しをイメージした感じに仕上がります。

リキッドのアイライナーは、まつ毛とまつ毛の間をうめ、目尻を少しながく目元を引き締めて強調するのがポイントです。

ポイントは、ハイライトと<KH-1>を混ぜて肌の高い部分にブラシでのせると綺麗な艶がプラスされます。

チーク&リップ

チークには、「シピエ チークグラッセ」の<OR-1>アプリコットオレンジ(1,500円)を使います。リップには、「シピエ リップグラッセ」の<11>コーラルを使います。

チーク

リップ

チークとリップは色を合わせて統一感を出すのがポイントです。

チークには肌なじみの良いアプリコットオレンジ<OR-1>を、リップにはリップグラッセのコーラル<11>を使用することで、夏の爽やかな印象を持たせることができます。

まとめ

涼しげな目元を与えてくれるブルーアイシャドウですが、なかなかチャレンジしづらい印象もありますよね。しっかりと綺麗な青色を出しつつも、浮かない自然な仕上がりを生み出すには、二重幅に合わせ細くしっかり色を載せるのがポイント!

チークとリップはブルーアイシャドウと相性の良いオレンジ系で統一し、クールで知的な表情を演出してくれます。普段メイクのイメージチェンジでも、職場でも、これまであまりブルーアイシャドウを使わない方も、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

このメイクにはこれを使いました

この記事で紹介されたCHIPIEの商品はこちらです。

このセットを購入されたい方は、こちらをご提示いただくと便利です。

Pocket
LINEで送る

Category

bn_side

クチコミ募集中!@cosmeにシピエのクチコミをお寄せください!