News & Magazineニュース & CHIPIE マガジン

可愛くエレガントに盛れる、大人の桃色アイメイクで作る“愛され顔”

CHIPIE Magazine2017.04.19

main1-1
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乙女なら誰でも好きなカラー、ピンク。桜色のリップや、桃色のチーク……どれも女度を上げる無敵カラーです。そんな愛されピンク、今年はアイメイクでも大活躍の予感。

「ピンクシャドウは腫れぼったく見えがちで苦手……」

そんな心配が先立ちやすいピンクですが、目元を立体的に見せてくれるCHIPIEのアイカラーなら血色感溢れる愛され顔に。エレガントさを忘れないピンクアイで、一気に春のよそおいをグレードアップさせてみてはいかが。

お仕事モード、デートスタイル、そして遊び心のあるイベント仕様のピンクシャドウメイクをご提案します。

Working Style Make-Up

CIMG3524

キリッと凛とした雰囲気を醸し出しつつ、華美にならないようにしたいお仕事メイク。パソコン業務で疲れがちな目元にハリ感をプラスして、さりげなくカバー。疲れ知らずの瞳の秘密は、この春出たばかりのライトアップベースNの隠し技にあり。ほんのり上まぶたの薄ピンクを漆黒アイラインで引き締めて、リップに深みカラーをプラスすれば、キャリアウーマン風愛され顔の完成です。

■HOW TO

CIMG3549

【1】アイホール全体にライトアップベースNを指の腹でなじませる。
【2】Aの部分にアイズグラッセBO-1サクラをON。
【3】Bの部分にアイズグラッセBO-3ココアを軽くON。
【4】Cの部分にアイズグラッセKH-1バニラをしっかり目にON。
【5】黒目の上から目尻にかけてアイラインを引き、目尻を少し長めに描く。
【6】上下まつ毛ともサッとマスカラをひと塗りして。
より立体感を出したいときは上下まぶたとも中心にBR-1シャンパンをのせましょう。

【使用アイテム】

Dating Style Make-Up

CIMG3562

キュートなのにエレガント、愛らしいのに小悪魔。そんなギャップを感じさせるピンクメイクはデートにぴったり! あざとくない可愛らしさをアイズグラッセの新色103フランボワーズで演出します。一見鮮やかなピンクなのに肌にスッとなじむので、ナチュラルメイク志向の彼にも褒められ率高し。チークをピンクで統一しつつ、リップはベージュ系で抜け感を調整して。

■HOW TO

CIMG3613

【1】アイホール全体にフェイスグラッセ02ルーセントをブラシで軽くのせる。
【2】Aの部分にアイズグラッセBO-1サクラをON。
【3】Bの部分にアイズグラッセBR-1シャンパンをON。
【4】Cの部分にアイズグラッセ103フランボワーズをON。優しげに見せたいならやや下目に入れてタレ目風に、小悪魔風に見せたいなら目尻を上げ気味にしてキャッツアイに。
【5】黒アイラインだと強い目元になってしまうので、ブラウンアイライナーを使って上まぶた全体に引く。
【6】目元の印象ボヤケ防止に、下まぶたにブラウンペンシルでアイラインをON。
【7】上下まつ毛とも長さを出すマスカラを。

【使用アイテム】

Event Style Make-Up

CIMG3640

女子会やパーティなどトレンドを意識したい場面には、ピンクシャドウの囲みアイメイクで旬顔を意識して。肌になじみながら目力をUPするとして、単色囲み目は大人メイクの裏技です。「目元で遊ぶとき、他パーツはコンサバに」このルールを徹底すれば、大人風カラーアイを楽しめます。フランボワーズのピンク味とコントラストで、瞳の色がキレイに見えるのもこのメイクの特徴です。

■HOW TO

【1】くすみをとるために、アイズグラッセBR-1シャンパンをアイホール全体にON。
【2】上下まぶたAの部分にアイズグラッセBO-1サクラをON。
【3】上下まぶたBの部分にアイズグラッセ103フランボワーズをON。サクラのカラーとぼかすようにしてブラシで色を入れるのがオススメ。
【4】上まぶたCの部分にアイズグラッセ103フランボワーズをチップで重ね塗り。
【5】目元を強調するために、アイライナーは濃いブラックで引く。
【6】下まぶたにはボルドーアイラインを引いて、自然と印象的な目元に。
【7】上下まつ毛とも長さを出すマスカラを。

【使用アイテム】

Base-Makeup

大人の春肌トレンドは、内側から溢れるような上品なツヤ感。そんな肌を実現するのが、この春新登場のライトアップベースN。目元がくすみがちな人は、目周りにも使うと一日中フレッシュ顔が持続します。目元以外にも使えるので、ファンデーション前に頬の上やTゾーン、眉上に塗ることで、スキンケアを十分にしたような素がキレイな美肌に見せてくれます。

CIMG3788

”ピンク”は2017年春のトレンド大本命! 肌も瞳もキレイに見せるシピエのピンクシャドウで、愛されフェイスに変身してみませんか?

Pocket
LINEで送る