News & Magazineニュース & CHIPIE マガジン

大人の垢抜けってこういうこと!都会的美人になるワントーンオレンジメイク

CHIPIE Magazine2016.05.18

main2-3
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「オシャレなのに品があり、なおかつ異性の評判も良い」そんな都会的美人が実践していそうなメイクといえば、今トレンドのオレンジメイク。

目元やチーク、リップだけでなく眉カラーにもオレンジを投入することで、より統一感が増して洗練された印象に仕上がります。日本人の肌色に映えやすいオレンジカラーは「キリッと見せつつ、華やかさも欲しい」というあなたにオススメの万能色。

媚びない雰囲気を醸し出すオレンジカラーだからこそ、老若男女問わず好印象を持たれやすいのも魅力的。普段メイクやイベントメイクなど、どんなオケージョンでも活躍するワントーンオレンジメイクで、カラーメイクの魅力を再発見してみてはいかがでしょうか。

都会的雰囲気のワントーンオレンジメイク

2-3-1

パッと見、華やかな印象を与えるオレンジカラー。同時に知的なイメージも与えるのは、オレンジカラーで統一している効果です。

フレッシュで、なおかつハツラツとした雰囲気を醸し出すオレンジメイクは、色鮮やかな夏ファッションに相性抜群。もちろん、モノトーンコーディネートやキャリアウーマン的パンツスタイルにもマッチするので、ファッションとの相性で悩む必要はありません。

 

2-3-2

目元に色を重ねすぎると「頑張り過ぎている感」が出てしまいがちなのが、アラフォー世代のメイク悩み。目を大きく見せることよりも、形をよく見せることを意識すると、メイクがしやすくなりますよ。

アイメイクはアイホール全体にオレンジシャドウをのせるのに、「シピエ アイズグラッセ」のサンストーン<BR-2>を使います。黒目上にアイシャドウの山がくるように塗るのが、たるみやまぶたの凹みをカバーするテクニック。下まぶたは、ベースに<BR-2>、その上からラメ感のあるシャンパン<BR-1>で華やかさをプラスしてアクセントを。目頭にはバニラ<KH-1>をONすれば、アーモンドアイに近づけます。眉毛の色味も全体のトーンに合わせるために、仕上げに「シピエ チークグラッセ」のアプリコットオレンジ<OR-1>をのせましょう。

2-3-3

ヘルシーフェイスに見せるため、眉毛に使ったチークと同じ<OR-1>を目頭下からこめかみにかけて広めに入れます。厚塗りメイクにならないように、ベースメイクは薄めにしておくのがコツです。

リップは発色の良さを重視したアイテム選びを。「シピエ リップグラッセ」のコーラル<11>をベースに塗り、その上からクリアレッド<20>を中心にのみ軽くのせて立体感のあるリップに仕上げます。口紅をそのままつけてしまうと色味の調整が難しいので、必ずブラシにとって塗るのがポイント。輪郭もブラシで丁寧にとりましょう。

ワントーンオレンジが引き出してくれるのは、主張し過ぎない垢抜けた洗練顔。絶妙なメイクバランスで、あなたもオレンジの効果を実感してみてはいかがでしょうか?

このメイクにはこれを使いました

この記事で紹介されたCHIPIEの商品はこちらです。

このセットを購入されたい方は、こちらをご提示いただくと便利です。

Pocket
LINEで送る